三浦喜世建築設計事務所    

top
gallery
works

product house
information
recruit
blog
contact
link

 

information



■事務所概要 ■スタッフ ■費用 ■工程

設計監理費
設計監理費として工事費の10%〜12%程度をいただいています。
インテリアなどで概ね500万円以下の場合12%〜15%程度にさせていただくこともあります。


設計内容の内訳 詳細例
基本プラン --- \300,000 
平面図・立面図・断面図(確認申請に必要程度の図面)

確認申請手続 --- \120,000
中間・完了検査の立会含

確認申請手数料 --- \83,000
木造2階建・延床面積100u〜200u・構造計算なしの場合

基本設計 --- \300,000
仕上表・平面図・立面図・断面図(概算見積用図面)

実施設計 --- \500,000
詳細プラン・詳細見積用図面・見積調整

現場監理 --- \500,000
週1回の現場打合・追加、変更等による金額調整など

竣工図書 --- \150,000
竣工資料・竣工写真等のまとめ

構造計算 --- \250,000
必要に応じて

長期優良住宅申請手続 --- \150,000
ご要望に応じて

長期優良住宅申請手数料 --- \58,850
地域・規模によって増減します

その他 --- 
近隣説明・変更申請等、上記以外に必要に応じて行う業務



図面だけを渡されても、その後だれとどのように住宅や店舗づくりを進めていけばよいのかなかなか分かりにくいと思います。
設計監理にはデザイン・図面作成だけではなく、不動産会社や工務店との調整等のネゴシエーターとしての役割も含んでいます。
よりよいものを作るために予算に合わせた柔軟な対応を心がけていますので、住宅や店舗作りに不安を感じることがあればご相談ください。


他業種との比較
建築家に設計を頼むと、高くなるという印象を持たれる方が多いようです。
しかし、建売住宅やハウスメーカーの住宅を購入するにしても設計費は必ずかかってきます。
ただし、設計・施工を一括で請け負う場合、設計監理の仕事を簡略化することができ、その分はコストダウンすることができますが、この場合のデメリットとし ては施工に第3者の視点が入らないということです。
こだわりのある住宅を作るには設計段階から現場監理まで、工事業者とは異なる立場の視点があることは重要なことです。
見積り段階では、どこの予算を削り、どこに予算を割くか、配分のバランスを考え、現場では工事を監理し理想の空間をつくるお手伝いをさせていただきます。

地図

また、建売住宅やハウスメーカーには設計監理料を抑える代わりに広告費、その他の会社運営 に関わる経費がかかってきてしまいます。
設計事務所では広告費などはかけていません。
設計費などを考慮しても実際の建築にかけられる費用の割合は、設計事務所がもっとも大きいといえます。

地図


   
     
    三浦喜世建築設計事務所

大阪市西区新町3-8-18-502
T 06-4394-8207
F 06-4394-8208

M myura@asahinet.jp
W http://ymd.is-mine.net